NBAファイナル2010の結果をはい大胆予想。。

といっても以前の記事(過去記事;ロサンゼルスレイカーズ優勝決定
で、レイカーズの優勝を高らかに宣言している私はどうこう言ってもね。
NBAファイナルの相手のボストン・セルティックスだということは
予想したとおり(?)

そして、第1戦・第2戦を見た上でもセルティックスのロンドが鍵を握っていることは、
証明できた自信があります。

でもね。やっぱりNBAファイナルのレイカーズの優勝は動かない。
一番の理由はケビン・ガーネット。
彼はNBAの高卒ルーキーでまず一番最初に有名になった選手。
NBA最高年棒もたたき出した時期もあったし、
あれだけの長身で外のプレーが出来るというのも、当時としては驚きでしたが、
NBAファイナル2010を見る限り出来があまりに酷すぎる。

もちろん、年齢的にピークを過ぎたことは明らかですが、
そうでなくて、ケビン・ガーネットは怪我とかそういう理由があるかもしれませんが、
全盛期との差が激しいと思います。
(筆者はね。ケビン・ガーネットをそこまでいいプレイヤーだとは思えない。)
バスケットボールをやっている人には絶対わかるとおもうんですが、
もし自分がコーチするとしたら、正確なスリーポイントシューターと
無敵のゴール下の支配人がいたとき、どちらを選ぶかと言われると、
間違いなくゴール下の支配人を選ぶと思うんですよ。

それぐらいゴール下は重要。
これはプレイヤー人口と他のスポーツの世界での通用度を比べた場合、明らかです。
バスケットボールやっている日本人ってまわりに探せばいくらでもいると思います。
でも、日本男子のバスケットボールと世界トップクラスとの差は他のスポーツと比べても、
かなり大きい。
サッカーがどうとか言っているけど、そんな差ではない。

ちょっと話がそれたんですが、、
つまりは間違いなくペイント内の強さが違うレイカーズの方が強い!!!
これは間違いない。

もちろん私がレイカーズファンということは考慮に入れてくださいね。
さらに、このNBAファイナル2010でキーポイントというか、
MVPに選ばれるかもしれないプレイヤーはコチラです↓