ペタジーニといえば、嫁でしょ?
ということで、ついに来日したペタジーニ。

ソフトバンクホークスにペタジーニが来たことに関しては、
おいおい書いていくとしまして、
今日はペタジーニの嫁さんについて書くことにします。

まずは、いつものようにペタジーニの経歴を。。

本名:ロベルト・ペタジーニ
出身地:ベネズエラ
生年月日:1971年6月2日
身長:185cm
体重:84kg
出身大学:アントニオホセ大学
所属チーム:
ヒューストン・アストロズ
サンディエゴ・パドレス
ニューヨーク・メッツ
シンシナティ・レッズ
ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツ
ボストン・レッドソックス
シアトル・マリナーズ
LGツインズ
福岡ソフトバンクホークス

経歴書いていて思ったんですが、
大リーグではかなりのジャーニーマンなんですね。
レッドソックスまでは知っていたけど、
その後ペタジーニがイチローと同僚だったこと。
その後、韓国に行っていたことなんか、知らなかったなー。。

ソフトバンクホークスでペタジーニが活躍できるかは、
二の次で、ペタジーニといえば嫁。
ペタジーニといえばオルガ夫人なわけですが(笑)

2人がであったのは、ペタジーニが18歳、 オルガ夫人が43歳の時。
故郷ベネズエラのアントニオホセ大学に在学中、
ペタジーニの野球の練習相手を務めていた3歳上の先輩のミッシェルさんが、
オルガ夫人の長男だったわけですね。

これプロ野球ファンには有名な話ですが、
ペタジーニの嫁さんは友達の母って話だったんですが、
まぁ先輩の母っていうのが、本当だったみたいです。

ペタジーニはオルガ夫人に尻に敷かれているという話がありますが、
お母さんに叱られる状態ですから、そりゃはむかえないわけですわね。。

と、年の差ってことで色々調べていたら、すっごく面白いものを見つけました。

なんだかわからないでしょ?
いやータイトル聞いたら結構そそられるんで、
原文そのまま載せときますね。。

年の差夫婦のラブストリー!いくつになっても恋愛と性は大切!【UKR-15 年の差婚夫婦のラブストーリー】

 めっちゃ気になるし…