斎藤佑樹の球速が落ちている気がする。
4年前には、4年後のドラフトの超目玉的な扱いだった、
元ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手。

現在は楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手と、
甲子園での熾烈な投げ合いを演じました。
あれがもう4年前だから、時の経つのは早い。

田中のマー君といえば、もう楽天のエースというか、
日本代表にも入っている球界でもトップクラスのピッチャー。

一方の斎藤佑樹くんといえば、、、
今日も満塁弾を浴び、大学日本代表が敗退する要因を作ったわけですが、
どうも4年前より球速が落ちている気がする。

甲子園の時は、140キロ台後半から150キロ台前半をゆうに出していたのに、
最近では130キロ台のストレートもしばしば。
もちろんスピードガンだけでは、スピードは測れないけど、
それにしてもなんだかなーーー。という感じは否めません。

今年のドラフトはどうなるかなー。。
個人的希望としては、やっぱり西武かな?
できればパ・リーグでしょっちゅう田中と投げ合って欲しい。
そんな希望が叶うかどうかは分からないですが、
斎藤佑樹くんは、道端ジェシカさんと、
田中将大くんは、もりちえみさんと、
お互いそういうところは互角に張り合っている気がするのは、
私だけではないでしょう(笑)