松野明美元マラソン選手が熊本市議選に当選しました。

有名スポーツ選手の政治への進出は
最近では珍しくなくなりましたよね。

以下Yahoo!ニュースより引用
熊本市に編入合併された熊本県旧植木町を選挙区とする
市議会議員増員選挙が25日、投開票され、タレントで元陸上女子長距離、
マラソン選手の松野明美さん(41)が初当選した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000004-jij-spo

個人的な感想で甚だ申し訳ない感じがするのですが、
スポーツ選手の政界進出には反対です。

まず、第一の理由としてオリンピックなどでも、
政治とスポーツの分離を謳われています。
政治的な理由で、オリンピックに不参加する国がデルなどの問題は、
決してあってはならないことだし、
今後もそのようなことがあってはなりません。

実際、そういったことが今まであったのに、
それでもスポーツで得た知名度をつかって、
選挙に出馬することには、嫌気が指します。

アントニオ猪木は大好きなんですが、政治に参加したことは、
どうしても認められません。

次に平和やスポーツマンシップのような潔さを
政治に求めるとして、出馬する方も多くいらっしゃいますが、
平和やスポーツマンシップはそれまでその方が積み上げてきた、
競技を通じて伝えることはできないのでしょうか?

誠実な私が政治家に慣れば、政治がよくなるとするような
考え方にはどうしても賛同できないんですよね。

その他諸々の理由はあるでしょうが、
私は著名人が政治家になるのを反対しているわけではないのです。
スポーツ選手が政治家になることを反対しています。

メディアの扱い方で芸能人と同列に扱われがちですが、
スポーツ選手はやっぱりスポーツ選手なんです。
その競技に対する情熱と愛情をそういった面で、
汚さないで欲しいと言うのが、個人的ではありますが、
私の正直な意見なんですね。