JAVA学習記録2日目~課題を解くのが良い~
Pocket

課題を初めて解いてみる

学習2日目。
昨日の続きを行う上で課題を与えられ、それを解きながら学んでいく。

いきなり話は逸れるが、このサイト作った人は良い人だな。
無料でこんなに一生懸命説明してくれていて、本当に驚く。

恐らくは趣味のサイトだと思う(変なコマーシャル的なものもない)。
こういうのを見ると、本当にありがたいと思う。

今日学んだ事の要点

値を文字列にするには`(バッククォート)

Shift + @で出てくる文字。
この記号は何の為にあるのか今までわからなかった。

インデント

プログラムを読みやすくする為の工夫。
恐らくこういったポイントでセンスの良し悪しが表れるように思う。

プログラムの流儀は定義→命令

昨日も同じような事を書いたが、ここは自然と身に付けていくべきところだろう。
やりたい事が先走って、命令ばかりしていたらダメだという事。
日常生活にも使えそうな使えなさそうな事である。

条件文if

もし~で正しければこれをする。そうでなければこれというexcel的なもの。
else if で条件をどんどん追加していく。

forとwhile(ループ)

同じ事を繰り返すときに使う。
一般的にはforを使う事が多い。

課題をこなして学ぶのがベストな理由

スポーツでも受験勉強でも最低限のルールが分かったら、実際にやってみる方が実力はつくように思う。

そもそも説明聞くのは苦手だし、体や手を動かす事がとても大事。

今日の学習では前に書かれた事を何度も戻って読み返しながら課題を解いたが、こっちの方が樂しいし、身につく。

自分の目標をいつも視野に入れながら学んでいく事がとても大切である。