幸せになるには
Pocket

幸せになるにはどうしたらいいか考えてみる。

とても幸せな事に今十分幸せである。

世の中の幸せの定義には様々な要因があって、例えばお金・地位・周りの人々との関係・仕事等々。
でもそんなものは関係なくて、自分が幸せと思う事が出来ればそれで幸せだ。

そして今幸せだと思う事が出来ている。

トラブルが無いわけではなく、悩んでいる事がゼロってわけでもない。
人と比べれば劣っている部分もあるだろうし、他人から見ればそれは幸せでないと言われるのかもしれない。

自分の幸せを自分が決めるとしたら、幸せというものはそれぞれ異なるものであり、それを人にとやかく言われる必要はないだろう。

だったら「幸せ」という概念はあまり重要でないように思う。

人は何の為に生きているのか?という問いに対する多くの人が納得する答えが「幸せになる為」というのもそもそも変なのだ。

ただ目標無くして人は生きていく事が出来ないので、それこそ誰も見た事の無い幸せを目標にしてしまう。

でもそんな必要も実はない。
「幸せになる事をあきらめよう」とあるセミナーで言われた事があるが、その時はその字面だけを捉えて漠然とそういうものなんだと納得していたが、実はそうではない事に氣づく。

僕は幸せの向こう側に人の生きる為の何かがあると確信しているし、それが幸せと同じくはっきりと言葉で表す事が出来ないものであるとも理解している。

そこに向かって行動していくことこそが、喜びに繋がり今ここを生きていくという事なのだと思っている。
漠然としたものに対して具体的な行動を。
それが後の世に何か貢献出来るのだとしたらこれ以上に素晴らしい事はないだろう。

よし生きていこう。