メジャーリーガーの年棒をランキング形式でお届けします。

どーも!年棒マニアのスポッチャがやってきましたよ(笑)
先日の記事が結構好評いただいています。。。
(参照記事)
日本プロ野球年棒ランキング(野手編)
日本プロ野球年棒ランキング(投手編)

それで、それに関してというかメジャーリーグベースボール(MLB)の
年棒ランキングも見せてほしいというご希望をいただいていますので、
今日はそちらの方をお伝えしていこうかなと思います。

ただし!ちょっとソースをきちんと用意できなかったので、
発表は投手と野手一緒でしかもTOP10までという形になります。
またソース集めて詳しく記事にするかどうかは、
記事の反応で決めたいと思いますので、あしからず。。

では早速ランキングをはじめますね!

  1位:アレックス・ロドリゲス【ヤンキース】$33,000,000
  2位:CC・サバシア【ヤンキース】$24,285,714
  3位:デレク・ジーター【ヤンキース】$22,600,000
  4位:マーク・テシェイラ【ヤンキース】$20,625,000
  5位:ヨハン・サンタナ【メッツ】$20,144,707
  6位:ミゲール・カブレラ【タイガース】$20,000,000
  7位:アルフォンソ・ソリアーノ【カブス】$19,000,000
  7位:ライアン・ハワード【フィリーズ】$19,000,000
  7位:カルロス・リー【アストロズ】$19,000,000
10位:カルロス・ザンブラーノ【カブス】$18,750,000

いやー見たらすぐに分かると思いますが、
本当にヤンキースってブッチ切りでお金持ってますね。。
ドル表示なので、いまいちわかりにくいですが、
1位のA・ロッドの年棒は約30億円!!10位のザンブラーノでも18億円。
つまりは日本プロ野球とはケタが違うわけなんですね。

ランキングに戻るとどの面々もそうそうたるメンバーではありますが、
個人的にはカブスの2人、ソリアーノとザンブラーノは、
コストパフォーマンスの悪い選手と言えると思います。
(リーも個人的には微妙。)
ちなみにA・ロッドは
Alexander Emmanuel "Alex" Rodriguez
(アレキサンダー・エマニュエル・ロドリゲス)
というなんとも長い名前なのは知っておきましょう。

ついでにCC・サバシアもテレビでは日米問わずCC(シーシー)っていうので、
知らなかったのですが、本名は
Carsten Charles Sabathia
(カーステン・チャールズ・サバシア)
らしいです。

大リーグといえば今年に入って約3人のパーフェクト投手が出ましたね。
(1人は審判の誤審でパーフェクトを逃したので、、)
最後にその3人の年棒をお伝えして終わろうかと思います。
ロイ・ハラデー【フィリーズ】$14,250,000
ダラス・ブレイデン【アスレチックス】$420,000
最後に幻のパーフェクトピッチャー。
アーマンド・ガララーガ【タイガース】$435,000

ブレイデンとガララーガは安く見えますが、
若いし、きっちり4000万円以上はあります。
大リーグの年棒に関してさらに詳しいことは下をクリック!
メジャーリーグ・完全データ選手名鑑(2010)